出版に必要なファン作りの方法

出版してもファンがいないと本はなかなか売れません。そこで、本を買ってもらえるようなファンを獲得する方法を紹介いたします。

ファンを作る理由

本を売るためにファンをつくる

投稿日:

長きにわたる出版不況で、“本は著者が売る時代”となりました。

そして、出版する以上、出した本は売れないと次の本が出しにくくなります。

 

しかし、多くの方が出版することが目的になってしまい、「売る」という意識がありません。

 

当然、本を出しても、売ることができない。

結果、売れていません、という方が非常に多いんです。

 

本を売る方法は、いくつもありますが、初速をつけるのに一番効果的なのが、自分のファンを作っておくことです。

 

これは、出版が決まってからでは間に合いません。

出版すると決めた時点からやっておく必要があります。

 

もしかしたら、ファンづくりをされていない、というよりは、やり方がわからない、というのが実情なのかもしれません。

そこで、このブログでは、本を買ってくれるぐらいのファンづくりについて書こうと思います。

 

ad

ad

-ファンを作る理由

執筆者:

関連記事

出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う

出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。   本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。 その状態から、あなたの存在を知ってもら …