出版に必要なファン作りの方法

出版してもファンがいないと本はなかなか売れません。そこで、本を買ってもらえるようなファンを獲得する方法を紹介いたします。

出版後のファン作り

2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える

投稿日:

ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。

1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。

そして、その結果、「はい、やりますやります」と安請け合いをしてしまう…。

なかには、一年間に何冊も出てしまう方もいらっしゃいますが、すぐにネタ枯れして、インプットとアウトプットのバランスが崩れ、似たような内容ばっかりの本にになってしまい、ファンに失望され、撃沈なんてことに。

 

なので、出版頻度は必ず意識してください。

読者との信頼関係を裏切るような本を出版してはいけません。

納得させる自信がないのであれば、引き受けるべきではないということです。

断る勇気を持ちましょう。

 

あとは出版社の格です。

出版社には格があります。

「この会社はすごい」とか、「この会社はまあまあ」とか。

そういう観点から見ると、本を出すごとに出版社の格がだんだん落ちてくる人もいらっしゃるんですね。

そうなると、あなたのブランドが傷つく場合もあります。

 

まぁ、そんなことを意識しながら、自分のファンの期待を裏切ることなく、次の本のときにまたその人たちにも買っていただけるようにしてくださいね。

 

ad

ad

-出版後のファン作り

執筆者:

関連記事

アマゾンキャンペーンをやるべきかどうか?

本を出版したら、アマゾンキャンペーンをやるべきかどうかということについて、よく聞かれます。 個人的な見解で言うなら、私はやるべきだと考えます。 アマゾンキャンペーン否定派の人の多くが、本が売れなくなる …

悩みに対応する企画の著書で読者との信頼関係を築く

出版したらファン作りをストップするわけではありません。 むしろ、その書籍をきっかけに次の本に向けたファン作りが必要なのです。 それを繰り返すことで、雪だるま式にファンを増加させ、安定した著者としてのポ …

出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける

やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることも …