出版に必要なファン作りの方法

出版してもファンがいないと本はなかなか売れません。そこで、本を買ってもらえるようなファンを獲得する方法を紹介いたします。

出版後のファン作り

アマゾンキャンペーンをやるべきかどうか?

投稿日:

本を出版したら、アマゾンキャンペーンをやるべきかどうかということについて、よく聞かれます。

個人的な見解で言うなら、私はやるべきだと考えます。

アマゾンキャンペーン否定派の人の多くが、本が売れなくなると言います。

しかし、本が売れなくなることはありません。

ただ、よりたくさんの本を売りたいのであれば、アマゾンキャンペーンをやるべきではないでしょう。

 

何がポイントかというと、作家として活動していくのであれば、アマゾンキャンペーンはやらない方がいいと思いますが、そういう訳ではなく、初めての出版ということであれば、アマゾンキャンペーンはやるべきだと考えます。

 

アマゾンキャンペーンをすることで、たくさんの方の本を紹介してもらえます。

その結果、普通に活動していたのではリーチできない人に買っていただけることがあるということと、買っていただいた方のメールアドレスを入手できるというのが理由です。

 

もちろん、メールアドレスを入手してすぐにバックエンド商品を売りつけたりすると嫌われますが、より熱狂的なファンになっていただくために情報を配信していくというのであれば、問題はありません。

 

どうしてもアマゾンキャンペーンは…というのであれば、著者プロフィールにメルマガのURLを掲載したり、「本を読んでわからないことがあったら、聞いてください」や「無料相談受け付けますよ」と記載して、気軽にメールで連絡をしてもらえるようにしておくことで代用できます。

面倒がって、やりたがらない方が多いのですが、そういう問い合わせをしてくれる人こそ、猛烈なファンになる可能性を秘めていますからね。

 

とにかく、本の内容で信頼を勝ち取れた読者と、継続的な接点を作ることはとても重要です。

もし可能なら、セミナーやパーティー、ランチ会など、リアルで会う接点も作っていきましょう。

ad

ad

-出版後のファン作り

執筆者:

関連記事

出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける

やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることも …

悩みに対応する企画の著書で読者との信頼関係を築く

出版したらファン作りをストップするわけではありません。 むしろ、その書籍をきっかけに次の本に向けたファン作りが必要なのです。 それを繰り返すことで、雪だるま式にファンを増加させ、安定した著者としてのポ …

2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える

ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。 そして、その結果、「はい、やり …