出版に必要なファン作りの方法

出版してもファンがいないと本はなかなか売れません。そこで、本を買ってもらえるようなファンを獲得する方法を紹介いたします。

ファンを作る理由

出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う

投稿日:

出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。

 

本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。

その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、ファンにしていく必要があります。

知ってもらうためには、ブログを運営するのが一番簡単です。

そして、そこにSEOでアクセスを誘導し、記事で信頼を獲得し、ファンになってもらう流れになります。

 

出版後であれば、出版前のファン作りの方法と少し変わってきます。

本を出版したことで、あなたの名前で検索する読者もいるでしょうし、本の著者プロフィールを見てアクセスしてくる人もいるでしょう。

これらの読者は、本を読み、納得し、著者にファンになった状態でアクセスしてくれますので、それほど難しい話しではありません。

さらにそこから求心力を高めようと思ったら、リアルで会うことです。

リアルで会うことで、さらにグッと距離感が縮まりますので、ますます求心力が高まることでしょう。

 

いずれにしても、出版前と出版後では、あなたの知名度が違います。

あなたのサイトやブログにアクセスしてくるプロセスも変わってくることでしょう。

そうなると、当然、ファンの作り方も変わってくるということです。

ad

ad

-ファンを作る理由

執筆者:

関連記事

本を売るためにファンをつくる

長きにわたる出版不況で、“本は著者が売る時代”となりました。 そして、出版する以上、出した本は売れないと次の本が出しにくくなります。   しかし、多くの方が出版することが目的になってしまい、 …