編集プロダクション ライター募集

*

出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける

公開日: : 出版後のファン作り

やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。

どうも、著者になると、鼻高々になるようです。

周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることもあります。

 

ずっと出版に携わってきて思うのですが、出版したからって偉くなったわけではありません。

しかも、そういう著者のほとんどがオファーをされて出版したのではなく、自分で出版したいと思って実現されてますからね。

 

出版しても、謙虚な気持ちを持って、「著者の先生なのに、腰低いですね」と言われたほうが絶対にプラスになります。

本を出しても絶対に態度は変えない。これに気をつけてください。

 

買ってくれたご恩、出版させてくれたご恩というものを忘れてはいけません!

それらのご恩は、本を売ることでしか恩返しすることはできませんからね。

しっかりと販促することを、日々、意識するようにしてください。

 

また、出版をして、ブランディングできると、いろんなところに誘われるようになります。

イベントやセミナーなどにゲストで呼ばれたりします。

ただ、何も考えずにひょいひょい引き受けていると、気軽に会える人という認識を持たれてしまい、安く見られてしまうことがあります。ブランドを維持しようと思ったら、ある程度の希少性を持った方がよいのかもしれません。なんでもかんでも安請け合いするのではなく、露出頻度なども意識しましょう。

あとは、行った先々で接する人たちとの距離感。

これも大切です。

近すぎると、なれなれしく思われてしまいます。

ある一定のところで距離感を保っておかないと、あとで面倒なことになってしまうこともしばしば…。

だからと言って、突き放すと、「偉そうだ」と言われてしまいます。

あなたのキャラクターに合わせた距離感があると思いますので、そこもぜひ意識するようにしてください。

 

ad

関連記事

no image

アマゾンキャンペーンをやるべきかどうか?

本を出版したら、アマゾンキャンペーンをやるべきかどうかということについて、よく聞かれます。 個

記事を読む

no image

悩みに対応する企画の著書で読者との信頼関係を築く

出版したらファン作りをストップするわけではありません。 むしろ、その書籍をきっかけに次の本に向

記事を読む

no image

2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える

ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すの

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • ブログを使ってファンを獲得する方法
    • 出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。 著書がないなら、まずはブログを使ってファンを獲得していきましょう。   ブログは、ストックメディアです。 何年経っても、ブログの記事は残っています。 記事 […]
    • 出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける
    • やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることもあります。 &nbs […]
    • 能動的にアクションさせるように誘導する
    • 第一人者としてファン作りをするのであれば、議員選挙のようにこちらから歩み寄ってはいけません。 人間関係は、ファーストコンタクトで立場が変わると言われておりますので、あくまでも相手を魅了し、惹きつけて、ファンにしていく必要 […]
    • 2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える
    • ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。 そして、その結果、「はい、やりますやります」と安請 […]
    • 出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う
    • 出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。   本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。 その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、フ […]
PAGE TOP ↑