編集プロダクション ライター募集

*

ブログでフィルタリングして、ファンをセグメントする

公開日: : 出版前のファン作り

新規のファンを獲得するのにブログは最適なメディアといえます。

しかし、だからといって、誰でもかれでもファンになってもらいたいわけではありません。

 

ブログをうまく使うことで、自分が来て欲しい人だけをファン化させることができるのです。

 

そのひとつがブログデザインです。

デザインのテイストや配色で、ある程度、イメージを植え付けることができますので、そこに拒否反応を持つ人は、勝手にいなくなっていきます。

 

あとは、記事です。

記事に書かれた考え方やスタンスでもセグメントすることは可能ですし、文体や文章の見せ方でもセグメントすることは可能です。

私なんかは、絵文字が多いブログを見ると拒否反応がでますからね(笑)

他にも、私はお客さんにしてもらいたくないことなどを敢えて記事に書きます。

「本を書きたいとか言っておいて、締切り間際に携帯電話の電源を切るやつは、絶対に許しません」

そうすると、私のお客さんは、「携帯だけは絶対に切らない」ようになってくれるんです。

ある意味では、顧客教育ですね。

これを進めていくと、自分にとって、理想的なお客さんしか残らなくなってくれます。

 

他にもプロフィールや写真もそうですよね。

そこに書かれた経歴や実績、写真うつりで反応は変わってきます。

実際、私の写真を見た人には、私の写真は非常に評判が悪いです。

でも、評判は悪いのですが、それでも来てくれる人を私はお客さんだと思っています。

そして、リアルで会うと、「写真より若く見えますね」とか、「思っていたより気さくですね」と言ってもらえます。

あえてマイナスの印象を与えておいて、リアルで会ったとき、大きくプラスに転換させるわけです。

 

数を増やすことも重要ですが、やはり、先に質です。

質の多いお客さんだけを、どれだけ増やせるのかという考え方をするようにしてください。

 

ad

関連記事

no image

ブログを使ってファンを獲得する方法

出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。 著書がないなら、まずはブログを使ってフ

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • ブログを使ってファンを獲得する方法
    • 出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。 著書がないなら、まずはブログを使ってファンを獲得していきましょう。   ブログは、ストックメディアです。 何年経っても、ブログの記事は残っています。 記事 […]
    • 出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける
    • やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることもあります。 &nbs […]
    • 能動的にアクションさせるように誘導する
    • 第一人者としてファン作りをするのであれば、議員選挙のようにこちらから歩み寄ってはいけません。 人間関係は、ファーストコンタクトで立場が変わると言われておりますので、あくまでも相手を魅了し、惹きつけて、ファンにしていく必要 […]
    • 2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える
    • ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。 そして、その結果、「はい、やりますやります」と安請 […]
    • 出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う
    • 出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。   本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。 その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、フ […]
PAGE TOP ↑