編集プロダクション ライター募集

*

出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う

公開日: : ファンを作る理由

出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。

 

本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。

その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、ファンにしていく必要があります。

知ってもらうためには、ブログを運営するのが一番簡単です。

そして、そこにSEOでアクセスを誘導し、記事で信頼を獲得し、ファンになってもらう流れになります。

 

出版後であれば、出版前のファン作りの方法と少し変わってきます。

本を出版したことで、あなたの名前で検索する読者もいるでしょうし、本の著者プロフィールを見てアクセスしてくる人もいるでしょう。

これらの読者は、本を読み、納得し、著者にファンになった状態でアクセスしてくれますので、それほど難しい話しではありません。

さらにそこから求心力を高めようと思ったら、リアルで会うことです。

リアルで会うことで、さらにグッと距離感が縮まりますので、ますます求心力が高まることでしょう。

 

いずれにしても、出版前と出版後では、あなたの知名度が違います。

あなたのサイトやブログにアクセスしてくるプロセスも変わってくることでしょう。

そうなると、当然、ファンの作り方も変わってくるということです。

ad

関連記事

no image

本を売るためにファンをつくる

長きにわたる出版不況で、“本は著者が売る時代”となりました。 そして、出版する以上、出した本は

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • ブログを使ってファンを獲得する方法
    • 出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。 著書がないなら、まずはブログを使ってファンを獲得していきましょう。   ブログは、ストックメディアです。 何年経っても、ブログの記事は残っています。 記事 […]
    • 出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける
    • やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることもあります。 &nbs […]
    • 能動的にアクションさせるように誘導する
    • 第一人者としてファン作りをするのであれば、議員選挙のようにこちらから歩み寄ってはいけません。 人間関係は、ファーストコンタクトで立場が変わると言われておりますので、あくまでも相手を魅了し、惹きつけて、ファンにしていく必要 […]
    • 2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える
    • ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。 そして、その結果、「はい、やりますやります」と安請 […]
    • 出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う
    • 出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。   本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。 その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、フ […]
PAGE TOP ↑