編集プロダクション ライター募集

*

ブログを使ってファンを獲得する方法

公開日: : 出版前のファン作り

出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。

著書がないなら、まずはブログを使ってファンを獲得していきましょう。

 

ブログは、ストックメディアです。

何年経っても、ブログの記事は残っています。

記事数が増えれば増えるほど、メディアとしての力を持つのが、ストックメディアのメリットです。

 

ブログは何もアメブロである必要はありません。

重要なことは、検索エンジンに上位表示されやすいブログサービスを選択するということです。

検索エンジンからアクセスを呼び込むための記事は、投稿時期に左右されません。

私のブログは2009年にアップしたものが、いまだ検索結果のベストテンに入っています。

そして、そこからアクセスがくるんです。

つまり、1記事につき1アクセスだったとしても、そういう記事が1000もあれば、1日1000アクセスを確保できますからね。

 

そして、検索エンジンからアクセスしたユーザーを記事でしっかり信頼を獲得し、そこからメルマガに誘導するというのがポイントになります。

 

実は、本を売るという意味では、メルマガが一番なんです。

メルマガに登録してもらうということは、何かあった場合に、いつでもこちらから連絡できるということでもありますからね。

最終的にはメルマガを増やすということになります。

 

 

ad

関連記事

no image

ブログでフィルタリングして、ファンをセグメントする

新規のファンを獲得するのにブログは最適なメディアといえます。 しかし、だからといって、誰でもか

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • ブログを使ってファンを獲得する方法
    • 出版前ということは、まだあなたは著書を持っていません。 著書がないなら、まずはブログを使ってファンを獲得していきましょう。   ブログは、ストックメディアです。 何年経っても、ブログの記事は残っています。 記事 […]
    • 出版後の立ち振る舞いと露出頻度にも気を付ける
    • やっと念願の出版が実現したとき、たまに著者の態度が豹変することがあります。 どうも、著者になると、鼻高々になるようです。 周りを見下したり、態度が大きくなったり…中にはブログの文体も、急に変わることもあります。 &nbs […]
    • 能動的にアクションさせるように誘導する
    • 第一人者としてファン作りをするのであれば、議員選挙のようにこちらから歩み寄ってはいけません。 人間関係は、ファーストコンタクトで立場が変わると言われておりますので、あくまでも相手を魅了し、惹きつけて、ファンにしていく必要 […]
    • 2冊目以降を出すときは出版頻度や出版社の格を考える
    • ファンを作り、本が売れると、すぐに他の出版社からオファーがくるようになります。 1冊目を出すのにすごく苦労するので、オファーが来ると、舞い上がってしまうことが多いです。 そして、その結果、「はい、やりますやります」と安請 […]
    • 出版前・出版後でそれぞれファンの作り方が違う
    • 出版に必要なファン作りをする場合、出版前・出版後でその方法は変わります。   本を出版する前というのは、まだ誰もあなたの存在に気づいていない状況です。 その状態から、あなたの存在を知ってもらい、信頼を獲得し、フ […]
PAGE TOP ↑